【第八回 神楽ごよみ】幇間芸を楽しむ会

季節ごとにゆるりと和の文化を深堀りする「神楽ごよみ」のお知らせです。

 

第八回神楽ごよみ「幇間芸を楽しむ会」を3月25日(水)と3月30日(月)の2日間、午後6時半より開催致します。

 

今や大変希少な存在である幇間の中から、若手で現在活躍中の松廼家八好師匠をお招きします。お申込みお待ち致しております。

第八回 神楽ごよみ 幇間芸を楽しむ会

【日 時】

 3月25日(水) 午後6時半から2時間半、20名様

 3月30日(月) 午後6時半から2時間半、20名様

 

【お値段】

お一人様 三万円也

 

※御飲物は、ビール、日本酒、焼酎、ウイスキーが飲み放題です。

※御料理は、当日旬の食材を取り入れたコース料理をご賞味下さい。

※当日は、神楽坂の芸者衆の季節の踊りもお楽しみいただけます。

※終演後、別部屋にてお遊び頂くお客様は別料金にて承ります。


お申し込み、お問い合わせはお電話で

Tel.03-3260-1576

松廼家 八好(まつのや はちこう)師匠

悠玄亭玉八

【プロフィール】

東京都江戸川区生まれ。幼少期からテレビでお笑い番組を見て育ち、中学生の頃より芸人を目指す。高校卒業後に芸人オーディションを受け、たびたび最終選考に残るも、毎回のように「きみはしゃべらない方が面白い」と言われ落選。

 

しゃべらずに笑いを取る方法を考え、日本マイム研究所に入所。そこで出会った先輩らと結成した「パフォーマンスシアター水と油」で国内22都市、海外9カ国22都市で公演を行い、多数の賞を受賞。

 

2006年パフォーマンスシアター水と油が活動休止。以降はソロ活動に加え、野村萬斎、串田和美の演出作品や、一青窈のPVへの出演等多彩な活動を展開。

 

2012年かねてより憧れていた幇間修行を志し櫻川七好に弟子入り。2014年浅草花柳界にてお披露目。

 

現在は浅草を中心に、全国の花柳界にあがっている。幇間の伝統的な踊りや振りだけでなく、パントマイムで培ってきた要素も加え、これまでにない幇間芸を生み出すなど、花柳界に新しい風を起こそうと奮闘している。また、文学座研究所の特別講師のほか、幇間の間の取り方は企業活動にも活かされると、さまざまな研修に講師として呼ばれている。

 

詳しくは公式ホームページをご覧ください。