年中行事

【第十回 神楽ごよみ】神楽坂芸者衆・地方の会

悠玄亭玉八

季節ごとにゆるりと伝統のある文化を深堀りする「神楽ごよみ」を開催することといたしました。

 

記念となる第十回は若手芸者衆による「神楽坂芸者衆・地方の会」を開催いたします。コロナ禍でも芸を磨き続けた若手芸者衆の踊りはもちろん、三味線や唄、また普段はなかなか披露する機会のない、鼓や笛をたっぷりお楽しみくださいませ。

 

皆様お誘い合わせの上、お早めに御予約ください。ご連絡お待ちしております


第10回 神楽ごよみ 神楽坂芸者衆・地方の会

【日 時】

  • 10月26日(水) 午後6時半から2時間、20名様
  • 10月29日(土) 午後6時半から2時間、20名様

 

【お値段】

お一人様 3万3千円也

 

※御飲物は、ビール、日本酒、焼酎、ハイボールが飲み放題です。

※御料理は、旬の食材をふんだんに取り入れたお弁当をご賞味下さい。

※芸者衆…小夏、福子、櫻子、㐂よ乃、はる菜

※終演後、別部屋にてお遊び頂くお客様は別料金にて承ります。

お申し込み、お問い合わせはお電話で

Tel.03-3260-1576


「講談で聴く怪談の会」が盛会のうちに終了しました

感染拡大の中、皆様にお集まりいただき無事三日とも開催することが出来ました。ありがとうございました。

 

田辺銀冶先生の講談は、切れ味良くお座敷で聴く醍醐味として大迫力があるものでした。今回は、真夏の開催のため怪談をお願いしましたが、次回はまた趣向を変えての会をお願いしたいと思っております。

田辺銀冶先生ですが、2022年9月19日に紀尾井小ホールにて熱間鍛銀vol.10「銀治十八番」を開催いたします。講談で聴く怪談の会で講談にご興味を持たれた皆様、ぜひお運びくださいませ。

 

さて、今後の予定ですが、秋に第48回「幸本会」を予定しております。詳細が決まり次第、ご連絡をいたしますので、どうぞお誘いあわせのうえお集まりください。

 

暑い日が続きますが、ご自愛の上ご活躍くださいませ。

今後とも幸本を御贔屓下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。


熱間鍛銀vol.10「銀治十八番」

0 コメント

【第九回 神楽ごよみ】講談で聴く怪談の会

悠玄亭玉八

蒸し暑い梅雨の季節となりましたが、皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

幸本にて和の文化をお楽しみいただく神楽ごよみ、今回は「講談で聴く怪談の会」を開催致します。

 

百年ぶりの講談ブームと言われる昨今、当店では二年間温めていた企画をようやく開催できる運びとなりました。講談師は、真打・田辺銀冶先生をお招きし、牡丹灯篭を披露いただきます。

 

暑い夏に、切れのある鮮やかな語りを旬の味覚とともにお楽しみください。

皆様お誘い合わせの上、お早めに御予約くださいませ。

第9回 神楽ごよみ 神楽講談の会

【日 時】

  •  7月28日(木)午後6時半から2時間、20名様
  •  7月30日(土)午後6時半から2時間、20名様
  •  8月5日(金)午後6時半から2時間、20名様

【お値段】

お一人様 3万3千円也

 

※御飲物は、ビール、日本酒、焼酎、ウイスキーが飲み放題です。

※御料理は、当日旬の食材を取り入れたコース料理をご賞味下さい。

※当日は、神楽坂の芸者衆の季節の踊りもお楽しみいただけます。

※終演後、別部屋にてお遊び頂くお客様は別料金にて承ります。


田辺 銀冶(たなべ ぎんや)

《プロフィール》

講談師 講談協会所属 真打

 

古典講談から創作講談まで持ちネタは幅広い。口跡の良さと表情豊かな高座で人気を博す。定期的に自身の講談会「熱間鍛銀 銀は熱いうちに打て!」を開催。また2021年より講談の基礎であり真髄である「軍記物」 の魅力を再発見する為「軍談倶楽部」を主催している。

 

講談協会ホームページ

Twitter 田辺銀冶 (@GinyaTanabe) 

インスタグラム Ginya Tanabe田辺銀冶(@ginyatanabe)

YouTube 田辺銀冶チャンネル

《略歴》

1983年1月 東京都杉並区出身 

1992年7月 田辺一鶴に入門 ちびっこ講談で人気者に 

1998年7月 講談協会で前座修行 

(高校卒業後は講談協会を休会し海外遊学。(NZ、韓国、AZ、NY、LONDON など)異国の地で「日本」に目覚める)

2006年11月 同協会に復帰

2010年 一鶴師没後、鶴瑛(母親)門下へ 

2011年6月 二ツ目昇進 

2021年5月 真打昇進 


お申し込み、お問い合わせはお電話で

Tel.03-3260-1576

「第37回神楽坂をどり」 盛会のうち終了しました

6月4日(土)、3年ぶりに神楽坂をどりが開催されました。

お陰様で予想以上に多くのお客様にお運びいただき、各回ともほぼ満席の中、芸者衆が日ごろの稽古の成果を披露いたしました。

お客様からは、たくさんのお褒めお言葉を頂戴いたしました。本当にありがとうございました。

今後とも、神楽坂花柳界の芸者衆をご贔屓いただきますよう、よろしくお願いいたします。

「第37回 神楽坂をどり」のチケットございます

おかげさまで完売となりました。 

多くのお問い合わせ、誠にありがとうございました。(2022/05/23追記)

若葉眩しい季節となりました。皆様お元気でお過ごしのこととお慶び申し上げます。

6月4日(土)に3年ぶりに「第37回 神楽坂をどり」を開催する運びとなりました。

 

幸本でもお取り扱いしているチケットですが、若干の余裕がございます。

久しぶりの華やかな催しものです。ぜひ、お誘いあわせのうえお運びくださいませ。

チケットご希望の方は、お電話(03-3260-1576)にてお問い合わせください。

日時

令和4年6月4日(土)

 

第一部公演 12時開演

第二部公演 14時開演

第三部公演 16時開演

場所

神楽坂劇場(牛込箪笥町区民ホール)新宿区箪笥町15番地

会費

5,000円 全席指定 ※プログラム付き

電話

03-3260-1576


【新宿区地域文化財認定 神楽坂をどり】

緩やかな坂道沿いに料亭街、商店街、 飲食店街がひしめき合う、 趣豊かな江戸の商店街が「神楽坂」。 

毎年、春に行われる「神楽坂をどり」は、東京神楽坂組合が主催する神楽坂ならではの芸妓衆の踊りがお披露目される華やかな催しです。艶やかに着飾った芸妓衆による、雅やかな唄や踊りに時間を忘れて酔いしれさせてくれます。

チケットは前売制で売切れの場合もあるため、早めに入手するのがおすすめです。

また、当店でもチケットを取り扱っていますので、ご希望の方はお電話か来店時にお問い合わせください。

 

お問い合わせ先

 見番事務所 03-3260-3291(午前10時~午後6時)

 ※土・日・祭日は、お休みとなります 

 

第35回神楽坂をどり

 日時:平成30年4月14日(土)

第一部公演:11時40分開場、12時開演

第二部公演:13時40分開場、14時開演

第三公演:15時40分開場、16時開演

 会場:神楽坂劇場(牛込箪笥区民ホール)


【『納涼組踊り』を楽しむお座敷遊びの会】

※盛会のうち、無事終えることが出来ました。次回をお楽しみに


皆盛夏の候、皆々様には御元気でご活躍のことと存じます。

さて、東京神楽坂組合が催します「納涼組踊り」を八月五日(金)に幸本にて行います。

組踊りをご覧いただき、さらに芸者衆と一緒にお座敷遊びをお楽しみいただきたいと思います。

どうぞ、皆様お誘い合わせの上、奮ってご参加くださいませ。

 

[日 時]

2013年8月5日(月) 午後7時から9時まで

[定 員]

20名

[お値段]

お一人様 2万8千円也

※お飲み物は、日本酒、焼酎、ビール等をご用意いたします

※お食事は幸本の懐石弁当となります

 今回は男性のお客様のみとさせて頂きます。

[出演者]

立方:万り、涼也、小夏 唄:真由美、三味線:鈴乃、太鼓:小夏

[演 目]

一、長唄 青すだれ

一、小唄 上汐

一、俗曲 かっぽれ

一、俗曲 さわぎ


お申し込みはお電話(03-3260-1576)にて、お早目にお問い合わせください。