年中行事

【第三回 神楽ごよみ】新内を聴く会

鶴賀伊勢吉師匠
鶴賀伊勢吉師匠

季節ごとにゆるりと和の文化を深堀りする「神楽ごよみ」のお知らせです。第三回は、「新内を聴く会」を開催いたいます。

新内と言えば、粋な着流しに男性は吉原冠りをイメージする人が多いですが、今回は神楽坂在住の人間国宝、新内節 鶴賀流十一代目家元 鶴賀若狭掾一門から鶴賀伊勢吉師匠をお招きして、江戸浄瑠璃 新内をお楽しみいただきます。

もちろん、神楽坂の料亭での催し物ですので、芸者衆による季節の踊りも併せてご覧いただきます。

第三回 神楽ごよみ 新内を聴く会

【日 時】

3月22日(金) 午後6時半から2時間半、20名様

3月28日(木) 午後6時半から2時間半、20名様

 

【お値段】

お一人様 三万円也

※御飲物は、ビール、日本酒、焼酎が飲み放題です。

※御料理は、当日旬の食材を取り入れたコース料理をご賞味下さい。

※終演後、別部屋にてお遊び頂くお客様は別料金にて承ります。


お申し込み、お問い合わせはお電話で

Tel.03-3260-1576

 

席に限りがございますので、皆様お誘い合わせの上、お早めにお申し込みくださいませ。

【第二回 神楽ごよみ】節分お化け 盛会のうちに終了いたしました

第二回神楽ごよみ「節分お化け」ですが、盛会のうちに終了いたしました。

今年も、厄払いの獅子舞、江戸の大道芸などと、芸者衆が様々な趣向をこらした仮装をお楽しみいただきました。

 

3月には第三回「神楽ごよみ 新内を聴く会」を開催いたします。ぜひご参加ください。


【新宿区地域文化財認定 神楽坂をどり】

緩やかな坂道沿いに料亭街、商店街、 飲食店街がひしめき合う、 趣豊かな江戸の商店街が「神楽坂」。 

毎年、春に行われる「神楽坂をどり」は、東京神楽坂組合が主催する神楽坂ならではの芸妓衆の踊りがお披露目される華やかな催しです。艶やかに着飾った芸妓衆による、雅やかな唄や踊りに時間を忘れて酔いしれさせてくれます。

チケットは前売制で売切れの場合もあるため、早めに入手するのがおすすめです。

また、当店でもチケットを取り扱っていますので、ご希望の方はお電話か来店時にお問い合わせください。

 

お問い合わせ先

 見番事務所 03-3260-3291(午前10時~午後6時)

 ※土・日・祭日は、お休みとなります 

 

第35回神楽坂をどり

 日時:平成30年4月14日(土)

第一部公演:11時40分開場、12時開演

第二部公演:13時40分開場、14時開演

第三公演:15時40分開場、16時開演

 会場:神楽坂劇場(牛込箪笥区民ホール)


【『納涼組踊り』を楽しむお座敷遊びの会】

※盛会のうち、無事終えることが出来ました。次回をお楽しみに


皆盛夏の候、皆々様には御元気でご活躍のことと存じます。

さて、東京神楽坂組合が催します「納涼組踊り」を八月五日(金)に幸本にて行います。

組踊りをご覧いただき、さらに芸者衆と一緒にお座敷遊びをお楽しみいただきたいと思います。

どうぞ、皆様お誘い合わせの上、奮ってご参加くださいませ。

 

[日 時]

2013年8月5日(月) 午後7時から9時まで

[定 員]

20名

[お値段]

お一人様 2万8千円也

※お飲み物は、日本酒、焼酎、ビール等をご用意いたします

※お食事は幸本の懐石弁当となります

 今回は男性のお客様のみとさせて頂きます。

[出演者]

立方:万り、涼也、小夏 唄:真由美、三味線:鈴乃、太鼓:小夏

[演 目]

一、長唄 青すだれ

一、小唄 上汐

一、俗曲 かっぽれ

一、俗曲 さわぎ


お申し込みはお電話(03-3260-1576)にて、お早目にお問い合わせください。